レーシックの効果を検証!!

レーシックの効果を検証!!

私は上の歯は出っ歯で、下の歯は極端なすきっぱです。

歯が綺麗な人は、うらやましいです。

でも、まだここが日本でよかったと思います。

アメリカなどでは、歯並びが悪いだけで 能力が低いと思われるのだとか。

ちなみに、ルックス(体型管理)にも厳しい。

デブが多いという勝手なイメージですが、デブは「自己管理ができない人間」とみなされてしまうのだとか。

日本もデブには、厳しい視線が注がれます。

学校でも得てしていじめの対象にされたり、もちろんモテない。

意外と、同性の方が厳しかったりしますよね。

そして、歯並びに話を戻しましょうか。

そんなアメリカですから 当然新潟市 歯医者での歯列矯正は親の務め。

年収まで違ってくるというから、大変です。

でも、日本の歯科ように100万円超えというのは ないようです。

高くて50万円程度、かつ期間も短いのだそうです。

日本の歯科といえば、最新の医療先進国、というイメージですが、歯列矯正界では遅れを取っているのかもしれませんね。

歯茎が弱いので 硬いものを噛むとすぐにあごが、だるくなってしまいます。

歯茎を強くするためには 血行をよくすることが大切と歯科からも言われています。

津市 歯科に言われ私がやっているのは 電動歯ブラシを歯と歯茎の境目に沿って当てることです。

歯科でも歯茎そのものに当てるのは歯茎を傷めることがあるので おすすめできません。

歯茎そのものをマッサージしたい時には 指を使うのが一番いいと思います。

あくまで 優しく小さな円を描くようにマッサージします。

一朝一夕に効果はでませんが 気長につづけることで 自分の歯を長く使えかつ、将来インプラント、入れ歯差し歯などにも負けない歯茎を作り上げましょう。

そして、内面からも歯茎ケア。

もし タバコを吸っているのなら 禁煙することです。

百害あって一利なしとはまさにタバコのためにある言葉と言えます。

タバコは口臭の原因になるほか、歯と歯茎にも有害です。

歯の粘膜の再生にはビタミン類が欠かせません。

口内炎なども「チョコラBB」などで かなり治りが良くなります。

歯科といえば 昔近所の歯科に行ったことがあるが、そこがヤブであった。

 

外科などと違って、ヤブであろうが命にかかわりもない歯科。

 

でもヤブはいかん。ひどい目にあった。

 

私は当時某運送会社で事務員をしていたのだが、

事務員というと終日オフィスにいるイメージだが、伝票を取引先から集めてくるという仕事があった。

 

市内6ケ所を毎日廻って集めてくるのだが、

外回りは時間の融通が利くので出たついでにチャーとやってもらおうと適当に歯科の門をたたいた。

 

そこは何故か歯科衛生士が6人ほどいるのだか

ピリピリピリピリしていて、どことなく空気が冷たい感じだった。

 

それもそのはずで 医師がどなりちらしているのだ。

 

患者にはもちろん怒鳴ったりしないが、

その独特な雰囲気に、通うのやだなあと思った。

 

歯は浅ーい虫歯が一個奥歯に出来ていただけだったので、一度で終わるとい思いました。

結局2回通ったのだが後日詰め物が取れ、別の歯科に行ったのだった。

 

反省。

 

時間がないからといって、

適当なところで適当な治療を受けることは絶対にだめだということ。

 

適正な治療を熊本市 歯科で受けるなら、

ここですかね。

上の子の乳歯は、とても美しい隙間のない歯並びでした。

美しい歯並びはだめなんです。

乳歯はすきっ歯がいいのです。

隙間のない乳歯は生え変わると、がたがたの歯列になってしまいます。

「うちの子の乳歯の歯列、きれいだわー」なんて感心していてはいけないのです。

遅くとも小学校低学年のうちなら歯科の床矯正適応です。

中学生になってしまってからは無理な場合も多いのです。

うちの上の子は乳歯の歯並びがとても美しかったので、ずいぶん歯科にいかず放っておきました。

実は小学1年生のころから大人の歯が、乳歯の裏に二重に生えてきたり、歯列は崩れてきていたのですが 気にしないように見て見ぬふりをつづけてきました。(歯科で歯列矯正は金持ちしかできないとおもっていたので・・)

とはいえ、顔面に問題はなくて「口の中をよーく見たら、」という程度でした。

ところが、小学3年生くらいからぼちぼち「あれれ?」という感じになってきました。

そういわゆる「しゃくれ」反対咬合ぎみになってきたのです。札幌市中央区 歯科ならこちら

レーシックの手術は、人の手による手術であり、手術という性質上角膜にキズを付けることになってしまいます。

 

・執刀医の技術による手術の精度

 

・術後の感染症

 

・術後の後遺症

 

これらのことがデメリットとしてあげられますが、腕が良く、安心して手術を任せられる医師を選び、術後のケアをしっかり行うことでかなりデメリットを減らすことができます。

レーシックの手術をオススメしたい方はこんな方です。

 

* 度数が強い為、希望するメガネやコンタクトが無い

 

* 左右の視力が大きく異なっている為、メガネやコンタクトによる矯正が困難

 

* 希望する職種によっては視力が適用にならない

 

メガネやコンタクトレンズでは支障がある場合には、レーシックによる視力矯正が適しているということが言えます。

 

メガネやコンタクトレンズが原因の眼精疲労や肩こりがひどい方にもオススメです。

“角膜手術”という方法を行うレーシックですが、その主なメリットとして下記のような3つが挙げられます。

 

@手術時間が短い

 

手術は、角膜を切って手術を行いますが、切った角膜を元に戻す形で処置する為、感染などに対する処置さえしっかり行っていれば、拒絶反応などの副作用が無く、治癒する時間が短くて済む為、術後の回復が早くなります。

 

A術中・術後の痛みがほとんど無い

 

術中は、当然麻酔をかけて行う為、痛みは殆どありません。また、手術時間は片目でトータル10分〜15分程度という短さも痛みを伴わない大きな理由になっているものと思われます。

 

B術後の回復が早い

 

術後の検査が必要にはなりますが、一般的には手術の翌日から日常生活を行うことが出来ます。

レーシックと呼ばれる視力矯正法には、いくつかの種類が存在しています。

 

一番代表的な、一般に「レーシック」と呼ばれているものは、「ケラトームレーシック」のことを指しています。

 

この方法は、「マイクロケラトーム」というカンナ状の電動メスを使用する方法で従来から普及している為、最も実績が多い方法です。

 

レーシックを大きく分けると角膜実質で切れ込みを入れる「ケラトームレーシック」「イントラレーシック」と、角膜上皮のみに切れ込みを入れてボーマン層ごとレーザーを照射する「エピレーシック」「ラセック」などに分けられます。

 

この他に、レーザーを使い角膜の厚さを調整することで視力矯正を行う「PRK]という方法もありますが、この方法は“フラップを作らない”という意味において「レーシック」と分類されないこともあります。

レーシックとは、世界でも多くの国々で取り入れられている視力矯正法の一つです。

 

日本でも近年、雑誌やテレビなどで紹介されるようになり、メガネやコンタクトに代わる第三の方法として高い注目を集めています。

 

レーシックはメガネやコンタクトなどと違い、手術による視力回復法である為、全ての人が利用できるというものではありません。

 

手術を受けることが出来ない主な理由としては、感染症になる危険性が高い場合や、レーシックによる効果が低い場合や期待出来ない場合などです。

 

その為、手術の前には入念な検査を行い、手術に適合するかどうかをチェックします。

 

レーシックは大変安全性の高い手術の1つでが、レーシックの盛んなアメリカにおいて1%以下という低い割合ながら、術後に合併症が発生することもあります。

最新ニュース

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • 脱毛ラボ
  • 銀座スキンクリニック
  • 美容皮膚科

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME レーシックって何? レーシックの種類 レーシックのメリット こんな方にオススメ デメリットもあります